九州のおすすめ観光スポットを紹介

九州について教えて!コアな観光情報お願いします。

*

福岡市博物館でどっぷり官兵衛に浸る

      2015/07/02

昨年秋の事になりますが、福岡市博物館で「黒田官兵衛展」を開催していました。大河ドラマを毎週見ていた私は、福岡へ行く機会があったのもあり勇んで行ってきました。ちょうど時期がタイムリーだったこともあり、すごい人出でした。

黒田官兵衛展in福岡市博物館

入口に入りすぐ官兵衛と戦国3武将の大パネル。もちろん織田信長役、江口洋介さん、豊臣秀吉役、竹中直人さん、徳川家康役、寺尾聡さんと、黒田官兵衛役、岡田准一さんの写真ですが。実際に着用した衣装(秀吉、官兵衛)もあり、テンションが上がりました。かなり長い列に並び、イヤホンマイクを借りさあ、出陣!とばかりに大河ドラマのテーマ曲を音量アップして聞きながら気分上々で中に入りました。

特別展ということで、なかなか見ることのできない逸品が勢ぞろいでした。私が見たかったのは、やはり「日本号」~黒田節のうまれるきっかけになった槍(国宝)です。実戦に使われたものなので、傷もありこれで人を傷つけたのかと思うと少し、気後れしましたが、想像していたよりも長さが短いように思いました。最も、実際に持ってみると違う感想を持つかもしれませんが。

実寸は、総長が321.5cm、刃の長さ79.2cmとかなり長い。見た目と違いました。黒田家の家臣、母里太兵衛(ドラマでは、速水もこみちさん)が福島正則からこの大盃の酒を飲み干せば与えると言われ、見事に飲み干し得た名槍で、別名を「呑み取りの槍」と言うそうです。

それと、感激したのは、織田信長と、豊臣秀吉の直筆の文書です。信長の直筆文字は、綺麗な字で、几帳面なところもあるようなに感じ、秀吉の直筆は、子供が書くようなどちらかといえば、幼稚な印象を受ける文字でした。

福岡市の繁栄の礎となった黒田家なので、たくさんのものが展示されていましたし、一つ一つじっくり見ることもできて大満足でした。現在は、博物館には常設展入口横に福岡の大パノラマが展示されていて、市内の景観を上空から見下ろした手書きの鳥獣画で無料で見られるそうです。

福岡の人たちは、黒田家をこよなく愛し、誇りにしていると見受けられこれも黒田家始祖の官兵衛の人となりかと、さすが天才軍師と感激した旅でありました。

 - 歴史・芸術